CSR/社会・環境

品質保証

1.品質方針

「品質は会社の命」 当社経営の基本理念『需要家に誠意と最大の満足を贈る』を実現する為に
『結局は品質』であるとの強い信念をもって、100%良品をお客様にお届けします。
設計から出荷まで、全てのプロセスにおいて「後工程はお客様」という考えの基に、品質を工程で
造り込む技術とシステムを構築し、維持・改善を進めます。

(1)ISO9001及びISO/TS169491に適合した品質マネジメントシステムを定め、その有効性を監視し
継続的な改善を通じて、再発防止から未然防止へ品質保証体制と品質レベルの向上を図ります。

(2) 法令・規制要求事項の遵守及び顧客要求事項に応える事の重要性を周知徹底します。

2.品質保証体系

新商品開発から安定生産に至る各プロセスにおいて、「品質保証プロセスマップ」を定め、各部門が横断的に関わり、開発初期段階から衆知を集めた総合力で品質保証度を高める活動を行います。

3.品質教育

「品質は人質(じんしつ)」 どんなに立派なしくみがあっても、それを実行し成果につなげる『人』がいなければ、画餅に過ぎません。当社では人材育成管理規程を定め、躾やマナー・品質の知識・技術等、各職種・階層毎に要求レベルを定め、全社員を対象に人材の育成・教育に取り組んでいます。

品質関連の公的資格取得者

  • 品質管理検定  : 2級 23名、 3級 13名
  • 電気工事士     : 1種 9名、 2種 103名
  • 計量士         : 1名
  • 適正計量管理主任者 : 73名
4.全員参加の品質改善活動

品質は全員がつくって、守って、伸ばしていくもの。これには日々の改善が不可欠です。小さな改善を大切にしなければ、大きな改善もできません。まさしく品質風土の醸成であり、現場力向上の原動力とも言えます。

「QCサークル石川馨賞」 「QCサークル石川馨賞」

(1) QCサークル活動
全社で85サークルが 2テーマ/年以上を目標に活動。

  • パナソニック電工全社大会・・・4年連続出場
  • 全パナソニック世界大会・・・2回出場
  • 2008年度 日科技連「QCサークル石川馨賞」受賞
  • 社内QCサークル発表会を32年間継続中

(2) ポカヨケ提案表彰制度
4ヶ月に1回、全社員対象にポカミスでヒヤリ・ハッとした体験をもとに、未然防止の小改善提案を募集。
2010年6月で60回目、累計15,000件を超える提案が出されています。

(3) 品質ファインプレー賞表彰制度
日常の生産活動の中で「何か変だな」「いつもと違う」という作業者の感性からくる気づきは非常に大切で、重大な品質トラブルの未然防止に大いに役立っています。
「よくぞ気づいてくれました。有難う。」の意を込めて、全体朝礼で表彰。
モチベーションアップ にも繋げています。
20年間続いており、253件のファインプレー表彰が行われています。

5.スピーディな解析・分析/試験評価

当社では、開発・設計〜部品・組立加工の全てのプロセスにおいて、材料分析から強度・耐久性・安全性の評価が迅速かつ正確に行える様、各種計測機器、分析装置、試験設備を自社にて保有。
専門教育を受けた分析技術者、評価技術者がこれをフル活用しサポートしております。
これらは、万一の品質異常においても短時間に原因を特定し、お客様へのご迷惑を最小限に食い止めるのみならず、更なる信頼を頂戴する事にも一役買っております。

(1) X線透視装置

不具合品の内部が非破壊で調査

X線透視装置 操作用スイッチリレー接点状態確認部品 組込不良の摘出X線透視装置

(2) マイクロスコープ

最大3000倍での拡大観察・撮影

マイクロスコープ サンプル拡大観察マイクロスコープ サンプル拡大観察深度合成写真三次元表示

(3) フェーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)

有機化合物の定性分析(樹脂・油脂・繊維・蛋白質・糖類 等の特定)

フェーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)フェーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)フェーリエ変換赤外分光光度計(FT-IR)

(4) 走査型電子顕微鏡(SEM)/X線マイクロ分析装置(XMA)

最大30万倍の拡大観察・撮影が可能。拡大部分をピンポイントで元素分析

走査型電子顕微鏡(SEM)/X線マイクロ分析装置(XMA)走査型電子顕微鏡(SEM)/X線マイクロ分析装置(XMA)走査型電子顕微鏡(SEM)/X線マイクロ分析装置(XMA)

(5) 蛍光X線分析装置(X-RF)
無機物の定量元素分析
RoHS指令の環境負荷物質を定量分析(Hg,Pb,全Cr,全Br)
(6) 三次元測定器
X.Y.Zの三次元寸法が自動計測
コネクタ端子寸法測定 測定(最大):X軸300mm,Y軸200mm,Z軸150mm 精度:0.1μm(min)

環境への取り組み

1.環境方針

配線器具の製造を主力として、情報機器、制御機器を開発、製造している
私たち旭電器工業株式会社の全従業員は、基本理念とISO14001の要求事項
に基づき環境方針の具体的実践を通じ、地球環境の保全に努めます。

(1) 企業活動全般にわたり、自主的に環境目的・環境目標を定め、実行し、
   又、その見直しと環境保全に努めます。

(2) 商品の開発について、新しい需要を創造すると共に、環境調和型商品の
   創出に努めます。

(3) 商品開発から製造において、省資源、省エネルギー、リサイクルを
   積極的に推進します。

(4) 地域社会の環境に大きな影響を及ぼす、電力・廃プラスチック等の環境負荷
   の大きい物質の使用・排出を抑制し、有害物質の不使用(「入れない・使わない・
   出さない」の実践)を含めた汚染の防止を推進します。

(5) 環境監査を実施し、環境管理システムの継続的改善に努めます。

(6) 法規制を遵守すると共に、当社が同意するその他の要求事項を遵守します。

(7) 環境方針を当社内で働く全ての人々に周知すると共に、一般公開し姿勢を
   明らかにします。


地域コミュニケーション

1.交通安全運動

社員による交通安全運動を実施。会社周辺の交差点に立ち、
通退勤の社員車両を含む通行車両に、交通安全を呼びかけました。

交通安全運動交通安全運動


2.会社見学

地域の会社と仕事を知ってもらうことを目的に、地域の学校の生徒を対象に会社説明会を実施。
私たちの会社や製品を知ってもらうことで、将来のものづくりを担う人材の育成に寄与したいと
考えています。

製品紹介組立ライン見学


3.環境美化活動

地域社会への感謝の気持ちを込めて、毎年5月に近隣道路のゴミ拾い活動を行っています。
地域清掃活動に積極的に取り組んでいます。

環境美化活動環境美化活動


4.高校生向けの企業セミナー

津市主催 『高校生向け企業セミナー』に参加
「ものづくり」へ関心を高めると共に、面白さや、大切さを知ってもらい、
更に製造業に対する理解を深め、自分の将来について考えて頂く機会を提供したいと考えています。
地域の会社と仕事を知ってもらうことを目的に、地域の学校の生徒を対象に会社説明会を実施しました。

津市主催 高校生向け企業セミナー津市主催 高校生向け企業セミナー


5.地域の高校生が職場を体験

地域の高校生を対象にインターンシップの受入を行いました。
夏休みの3日間を利用し、会社の事務業務や製造現場を経験して頂きました。
これを期に職業感を養い、適正な職種を見出す手段のお手伝いをさせて頂きたいと考えています。

職場体験職場体験


6.防災訓練の実施

地域の消防署にご協力頂き、火災が発生した事を想定した避難訓練を行いました。
実際に消火器を使用し、消火訓練も行いました。

防災訓練防災訓練


旭電器工業株式会社 製品・技術に関するお問合せ

〒514−0101 三重県津市白塚町2856 TEL 059−253−2223



(c) Copyright 2010 Asahi Electric Co.,Ltd All rights reserved.